自動車保険

MENU

新車に乗り換えようと思って、まずは今まで乗っていた車を処分することにしました。
もう10年以上も乗っていた車だし、売るのは諦めて廃車を考えてたんです。
でも「一応は査定だけでもしておらおうかな」なんて軽い気持ちで中古車買取業者にお願いしてみました。
そこでビックリな事を言われたんですよ。マンガのように、耳をほじってから聞き返したくらいなんですから。
なんとその私のボロ車に5万円もの値段がついたんです。
5万なんて安いと思う人もいるかもしれないけど、なんたって廃車寸前の車です。
たしかに乗ってた年数のわりには、調子の悪いところはありませんでした。
でも、私は売れても数千円がいいとこだと思ってたんです。
なんでも、年数が経ってても人気がある車種で、今でも需要はあるからだって言うんですけど、一瞬騙されてるんじゃないかと思ったくらいです。
これはもう相手の気が変わる前に売るしかないと、迷うことなく売ることを即決してしまいました。
中古車買取をしてもらう際、色々と調べられます。私たちも今年の初めに自家用車の買い替えをしたのですが、そこで教わった基本的な査定基準について話してみたいと思います。
やはり、何と言っても、年式と走行距離と車種が一番重要な点だと教わりました。もちろん、年式は新しくて、走行距離が少なくて、人気の車種であると、査定金額は高くなります。こういったことは、基本的な事なので、誰でも知っていると思います。
しかし、その他に、いろいろな事を教えてもらいました。まず、事故車であると、査定金額は低くなるということです。これは、まだ常識の範囲内ですね。しかし、その他の査定基準として、カーナビがあげられます。ついていたとしても、古いタイプだと、ほとんど価値がないとみなされるという事でした。私たちの自家用車にもついていたのですが、古いタイプだったため、全く査定には影響しませんでした。その他に、ETCが搭載されているかどうかという判断基準があるようです。やはり、ついていると査定金額は上がるとのことでした。私たちは、つけていたので少しは査定に影響を与えたはずです。また、禁煙車か喫煙車かどうかでも違ってくるそうです。喫煙車は、やはり拒まれる方が多いらしく、査定金額は下がると言われていました。
簡単ですが、このような事を、買い替えする際に学びました。